推しが座長の舞台「私のホストちゃん」を終えて 〜オタクの独り言〜

出演が決まってからここまで、色んなことを考えて感じたこの舞台。どこかでブログにしておきたいなあ、と思っていたので書いてみよう。あんまり“推し”と呼び慣れていないのですが、この舞台に関してはこの呼び方がしっくり来る気がするので、あえて。

 

 

私はダンスボーカルグループのLeadのファンで、その中でも古屋敬多くんというメンバーのことが大好きです。そう、いわゆる“推し”です。好きになったのは2年ほど前なのでまだまだ歴は浅いですが(この辺とかに詳しく:ある日突然Lead沼に落ちてから1年経ったのでその経緯と推しの尊さを改めて振り返ってみる - (元)コンサル女子のオタ活日記)彼の歌やダンスや人柄に魅了されて、楽しく推し事に飛び回っていました。Leadの普段の活動に関してはこれとか観ていただければわかるかな?

youtu.be

 

 

 

 

そんな彼は、2016年の年末に、ミュージカル「プリシラ」に出演しており、その時の彼の役の憑依っぷりや、歌やダンスのレベルの高さ、新たなステージに立ってメキメキ輝きを増して、外仕事でファンを獲得して来る姿に、心の底から惚れ込んだのは今でも強烈に覚えています。アダムという強烈で難しい役所を完全に自分のものにして、成長させていた彼は、本当に素敵だった。(ゲネプロ映像とか見てみてください)

youtu.be

 

 

そんな彼が、夏の新曲イベントのMCでちらほら言い始めた、次のソロ仕事の話。「情報解禁がまだだから言えないけど、ちょっとね、次のお仕事も決まってて…」そんなん、期待するじゃないですか???あんなすごいプリシラという舞台を経て次に決まるお仕事って一体なんだろう、と。ああもう、どこまで行ってしまうの古屋敬多という才能の塊は、と。でも少しだけ引っかかったのは、そこで彼が発した「まあちょっとね、不安もあるんですけど」という言葉。プリシラの役をこなした人が不安って、今度はまたどんな難しい役だ?大舞台だ?と気にしていたら、ある日ついに解禁された情報が。

 

 

ホスト?古屋敬多が、ホスト???最初は訳も分からず、とりあえず確かにホストなら彼の日頃のキャラクターからはかけ離れているし、不安がる気持ちもわかるかな?くらいに捉えて。どうやらシリーズ物らしいと知り、この舞台について調べ始めると、出て来る出て来る歴代のオタクの方の「推しに出て欲しくない舞台」という言葉。ランキングがつくという厳しさに、それがラブという独特の仕組みで決まるということ。観に行く観客にもランキングがつき、太客を目指すという仕組みがあるということ。舞台中にも降りて来て口説きをするという演出があるということ。調べれば調べるほど、舞台というものに疎い私でも、むくむく湧き上がる“不安”の2文字。何と言っても、Leadは2017年7月31日にデビュー15周年を迎え、そこからの1年間はアニバーサリーイヤーとして大切な大切な期間。そこに来て、このお仕事か、と。

 

 

 

なので決まって最初は正直観に行くかどうかすら迷っているレベルだったし、素直におめでとうと言えない自分が情けなくて、まあどん底の気分でした。そんな私が、結果として人生で一番多くの回数この舞台に通うことになったのは、やっぱり推しからの言葉でした。それは、彼の事務所のモバイルサイトの有料ブログにファン向けに書いてくれた言葉。(このツイートはそのブログを公演中に読み返してた時の)

 

 

その中でも私の心を動かしてくれたのは「俺が楽しませるけん、大丈夫たい」という本当に力強い言葉。そして「会場中をLeaders(Leadのファンの呼び名)にしたるで〜!」という意気込み。どんなに舞台自体の仕組みがエグくても、まずはそこに捉われずに楽しみにおいで、と言ってくれる。私の推しはこんなにもデカい男だったのか、と、始まる前からもうしんどい。何はともあれ、ただの1オタクが難しいことを考えたところで、彼が覚悟を決めてこの舞台の座長を務めると決めたのであれば、自分にできる範囲で“楽しみながら”応援しに行くしかないよな、と決断したのが、ちょうど今から5ヶ月ほど前のことでした。

 

 

そこからビジュアル公開があったり(髪型に衝撃を受ける)、メディア露出が増えたり(LiLiCoさんにいじられて耳が真っ赤な可愛い推しに癒される)、稽古が始まったり(他の演者さんがたくさん写真を載せてくれて歓喜)、VRで口説かれてみたり(ぎこちなさが可愛すぎてときめく前に爆笑)。

ただでさえ気を抜くと痩せてしまう体質の彼が、舞台中は頑張って体調管理をしようとしてバナナを大量に食べるというエピソードに全母性が目覚めたり、それでも不運にも胃腸風邪になってしまった彼を心配したり、AbemaFRESH!出演の様子を見て「本当に舞台で口説けるんだろうか…?」と不安がよぎったり。元々、番組で「愛してるよ」をカメラ目線で言ってくださいというお題も照れてできないような彼が、ホストとして女性を口説きまくる絵が想像がつかなさすぎて、着々と舞台の開幕が近づく中でもまだどこかで現実感がない自分がいました。

 

私のホストちゃん、という舞台自体が独特であるということ以外に、もう一つ今回は、「古屋敬多はこのカンパニーの座長である」というのも大きくて。プリシラで彼が共演した山崎育三郎さん(だった気がする)(違うかもしれない)がどこかで「座長というのは、どこか孤独な存在だ」ということを言っていたように、やはり座長という立場は、全体を見渡さなければいけないし、自分だけではなく周りのことも考えなければいけないし、常にアンテナを張っていなければいけないんだろうな、と素人なりに推察していて。普段のパフォーマンスでも曲に、そして舞台では役に没入するタイプの表現者である古屋敬多さんに、座長という立場はすごく大変なんじゃないか、と勝手に思っていて。しかも今回は、年下の男性キャストがとにかくたくさんいて。先輩や周りの大人にたくさん可愛がられ愛される彼の姿は見てきたけれど、自分が上の立場になった時の古屋敬多さんはどう振る舞うんだろう、と。これは、私がまだ好きになって歴が浅いせいもあるとは思うけれど、色んなことを考えながら、そうしているうちに、とうとう舞台開幕の初日がやってきたのでした。

 

 

今回の舞台は、初日にメンバーが2人かけるという大波乱の幕開け。あの時はそれがどれだけ大変なことだったのかわからなかったけど、お話のあらすじをわかった今なら言える。あれはやばい。あの状態で中止の判断をせずに代替案を考えてやり抜いた、演者さん・スタッフさん、全員すごい。

 

そして、その波乱の初日を観に行って。紫音が白スーツを着てNo.1としてレビューをする姿を見て。座長として最後の挨拶を、カンパニーのど真ん中に立ってするのを見て。5ヶ月前に決意したことは、間違いじゃなかった。推しがこの舞台を座長として頑張る姿を、劇場で見届けることができてよかった、と思いました。

(舞台のあらすじや好きだったシーンについては別記事)

 

tok-314.hatenablog.com

 

 

さて、でもここで終わらないのがこの舞台。毎公演毎公演でランキングというドラマが巻き起こり、演じる側も、応援する側も、感情が揺さぶられ続ける日々。この辺で1位にしてあげたいね、という目標は持っていても、どうなるかわからないのがランキング。

 

私は、まず東京で、豪太役の森田さんが真っ先にカンパニー初のV2を取った時。紫音には最初と最後で最高の白スーツを着て欲しいと思っていたけれど、それでもやはりV2を他の人に先を越されてしまったというのは、少し悔しかった。そして次に、25日ソワレで、初めてトップ3から落ちて、4位の札をつけている紫音を見た時。そして26日には、5位になった時。冷静になれば、神7と呼ばれる上位7名に全公演入り続けているのは確かその時点で紫音だけだったし、それまでずっとトップ3だったということ自体がすごいことだと思う。そして、ランキングに一喜一憂せずに、楽しんで応援すると決めていたはず。それでもやはり、自分の好きな人が自分の目の前で順位をつけられるのを見て、冷静でいられるファンは少ないのではないかと思う。本人の悔しさや想いは、表情から想像するしかできないし、本当のところはわからないけれど、初めてトップ3を逃した後、初めて彼がこんなつぶやきをした。

 

 

“欲が出る”“魔力”という言葉に、冷静な部分や葛藤が残っているのだな、とは思うし。それでも溢れた“悔しい”という言葉に、そうだよなあ、悔しいよなあ、と噛み締めて。この時期は見に行くのが少し怖かったし、2幕が近付くにつれて膝の上で握りしめる手に力がこもってしまっていた気がする。

 

この辺りの東京の平日公演は、レジェンドホストの方々がゲストでたくさん来ていて。やはりこの舞台を経験した方の言葉は、すごく刺さるものがあるなと。

「みなさんからのラブや応援は、本当にしっかり、メンバーの元に届いている」

「雑魚ホストになってしまっている人だって、見に来てくれている誰かにとってはNo.1なんだ」

 

そして、1位になった時に情事役の杉江さんがおっしゃった言葉に、演じる側の複雑な気持ちも垣間見て。

 

 

そして迎えた東京千秋楽。紫音、1位。あの瞬間の、嬉しさを爆発させて叫ぶ姿も、レビューで全身全霊のパフォーマンスを見せてくれたことも、絶対に忘れない。これがホストちゃんか、というのも、この時に痛いほどわかった気がする。

www.instagram.com

 

 

この辺りからだったか、どこからか「史上初の全員白スーツ」という言葉が飛び交い始める。これまでのホストちゃんでは実現しなかった、全員が1度は1位をとる、ということが、この大阪ミナミ編ではできるのではないか、という期待が湧き始める。でもそれと同時に、まだ1位をとっていない人にはプレッシャーがかかるしV2を目指す人にとっても難しい感情があったと思う。

 

けれど、終わってからのブログで古屋敬多さんも書いていたように、そこに譲り合いの精神や馴れ合いは一切なくて、ガチンコ勝負は続いていた。

 

実際に、

氷河さんとの一騎打ちに、レビューで涙を流した湊人さんがいたり

愛知公演でどんでん返しの響介さん1位に涙を流した珠輝さんがいたり

 

一真役の蔵田さんがブログを書いたり

 

本当に様々な人間ドラマがあって、観に行っているだけの私ですら感情が忙しくて、出演者の方達は本当に休まらない日々だったんじゃないかなと思います。

 

そんな真剣勝負を続けながらも、大阪の初日ソワレで無事最後の1人茶々彦さんが1位をとり、史上初の全員白スーツが達成されたことは、素直にすごいなあと思います。真剣勝負だったからこそ、だとも思います。私たちファンは、何も闇雲に「1位を取らせてあげたい」と思っているわけではなくて。「推しが目指したい場所なら、一緒に目指したい」という感情なんだと思うんです。

似たようなことに聞こえるかもしれないけれど、そこには実は大きな違いがあると思っていて。演者さんたちの、本気が伝わって、だからこちらも応援しようと思って、そしてその想いを受けて演者さんたちもまた気持ちが前に進んで、という、そういう関係なんだと思うんです。だから最初に演者さんたちの本気がなければ成立しない舞台であり仕組みなんだと思うので、今回の全員白スーツは、決して譲り合いなんかで生まれたわけではないのだろうと、その場で見ていたからこそ思います。

 

 

そして、大阪公演、大千穐楽。本当に、ずっとずっとこの公演に向けて胃が痛くて。どう終わったって、これまでの彼の座長としての頑張りが変わるわけではないし、私たちファンが彼を誇らしく思う気持ちも変わらないのだけれど。それでもやはり、有終の美を飾らせてあげたい、と思う本音は隠せなくて。

 

 

無事1位をとった瞬間、嬉しさの爆発というより、全身から力が抜けて安堵する感覚でした。ああ、これで全て終わったし、最後に最高の景色で締めくくることができたんだなあ、と。本当に本当にホッとして、初めてそこで自分の手に握りしめたせいで爪痕がくっきり残っていることに気づいて(笑)白スーツの座長は、本当に心からかっこよかったし、彼が大切にして来たカンパニーの面々が次々に彼に駆け寄って祝福をしている姿は、彼がここまで半年走り抜けて来た財産なんだなあと、単純な1位という事実以上い嬉しい光景に、本当に胸がいっぱいになりました。そして座長として、他の誰より多いV3が達成できたことも、本当に嬉しかった。

 

 

彼の座長挨拶はいつも彼らしい天然っぷりが炸裂していて、それを周りが半分不安そうに見守って(愛夜香さんなんていつでもフォローに飛び出せるように常に前傾姿勢)。でも、彼がみんなから座長として慕われるのには、彼の板の上でのパフォーマンスだけではなくて、私たちファンから見えないところでもしっかり座長として務め上げて来た、そこで勝ち得た信頼があるからなんだろうなと思いました。No.1レビュー中の甘王さんの合いの手で、「お前が座長で本当に良かったよ〜!」と言われた瞬間、白スーツ姿を見たとき以上に涙が止まりませんでした。

 

そんな大阪公演が終わり、3日経った今でも、口々にいろんなキャストの方が「敬多くんが座長で本当に良かった」と言ってくれているのを見かけると、本当に彼らしく、カンパニーの人のことも、そして私たちファンのことも、Leadしていてくれたんだなあと改めて思います。

 

ameblo.jp

そして彼自身もブログで想いを発信してくれました。こんなにも絶賛されているのに、たぶん、と言ってしまう謙虚さが彼らしくて大好きです。でも、この舞台を通して、いかに自分が多くの人を魅了して愛されているか、少しでも実感となって伝わっていたらいいなあ、と思います。

 

 

 

ここまで熱く書いて来ましたが、最初は見に行けないとまで思ったホストちゃんという舞台。終わった今でも、正直2回目の出演はしないでほしいと思ってしまうし、推しの出ていないホストちゃんには行かないと思います。みんなの言っている「ホスロス」には、私はなってはいない気がします。それでも、今回たくさん劇場に足を運んだことで、愛着はあるし、きっとDVDが手元に届いたら、もうランキングのことを心配しなくていいので、ゆっくり落ち着いていろんな場面のパフォーマンスを見返してみようかな、と思います。

 

とにかく今は、頑張った全ての演者さんに心の底からのお疲れ様ですとリスペクトを。そして、観に行った全ての観客の皆さんにも、お疲れ様ですを(笑)そして何よりも、座長として走り抜けてまた新たな魅力を見せつけてくれた“推し”に、最大級のありがとうと、大好きを。

 

私のホストちゃん、本当に本当にお疲れ様でした。

 

 

最後に。

ホストちゃんでバナナ座長・紫音こと古屋敬多さんが気になった「そこのお前!!!(情事風)」

 

私もまだまだLead歴は浅いですが、気になった直後にたった1人で夏のライブのチケットをとって、一人ぼっちで東京から仙台までライブを見に行ったのが最初の現場でした。それでも全然楽しかったし、だからこその今!と思うので、少しでも気になった方はぜひお気軽に!不安なこと、聞きたいことがある方はお気軽にコメントかツイッターでおしらせください!

 

まずはYouTubeとか観てみちゃったり?

www.youtube.com

 

ライブ来てみちゃったり?(ファンクラブ限定という若干のハードルは無視)

lead.tv

 

 

Leadには他に2人メンバーがおりまして、どちらもバナナ座長とはまた違った魅力溢れるスーパーマンたちです!

 

鍵本輝(かぎもとあきら)バナナ座長曰く「俺よりホスト顔」

twitter.com

 

谷内伸也(たにうちしんや)ラップになれば噛まない系男子

twitter.com

 

 

これをきっかけに、Leadを知ってくれる人がたくさん増えますように!